日鋼検査サービス株式会社

試験調査・材料試験

営業品目

  • 材料劣化余寿命評価
  • オンサイト化学成分分析
  • 破損部品の原因究明、解析
  • 材料きず性状観察
  • 一般材料試験

試験調査内容

光学顕微鏡観察

gallery image examination-01
examination-01

ミクロ性状観察例

金属組織、きず性状

gallery image examination-02
examination-02

ダイヤモンドペーストによる鏡面仕上げ

金属組織または欠陥をフィルムに転写させ、顕微鏡にて観察します。

走査型電子顕微鏡観察(SEM)及びEDS分析

gallery image examination-03
examination-03
gallery image examination-03b
examination-03b

用途一例

  • 破断面の性状観察
  • 微小領域の定性・半定量分析
  • 微小試料のLine分析
  • カラーマッピング
  • 非導電性物質の表面観察

レーザー顕微鏡観察

gallery image examination-04
examination-04

用途一例

  • 腐食形状測定と三次元表示
  • 表面粗さ測定
  • セラミックス焼結粒子の観察と粒度分布測定

焦点の合った像を記憶し重ね合わせてピントの合った画像をデジタル出力することができ、測定形状を三次元的に表示する事が可能です。

鋭敏化測定

鋭敏化測定(EPR法)は、「JIS G0580 ステンレス鋼の電気化学的再活性率の測定法」を基にした測定方法です。

  1. 鋭敏化度
  2. SCC感受性

の測定を行います。

オンサイト化学成分分析

gallery image examination-06
examination-06
  1. 異材が混入した可能性がある
  2. 図面通りの材質が使われているか確認したい
  3. 成分分析したいが研削できない

等の場合に 素早く・正確に材質判定ができます。

材料試験内容

一般材料試験


(引張試験・衝撃試験・曲げ試験・硬さ試験・破壊靱性試験・落重試験)
常温・高温・低温引張試験

コンピューターを採用した計測制御装置と優れた機能と拡張性を持った精密万能試験機
ASTM規格 JIS規格 JCSS規格 (日本海事協会認証)

高分解能駆動モーターによる高精度、高安定での試験が可能。

ツバ付き、平滑型試験片形状での試験が可能。


試験荷重範囲:1~1000KN
温度範囲:-196℃及び-150℃~+900℃

picture 1
高温・低温衝撃試験
JIS型衝撃試験機 JIS規格、EN規格適合 (日本海事協会認定)
ASTM型衝撃試験機 ASTM規格、ASME規格適合 (NIST認定)
試験温度範囲 -196℃, -150℃~+275℃
picture 1
破壊靭性試験硬さ試験
picture 1

破壊靭性試験機

picture 1

硬さ試験機

  • マイクロビッカース硬さ試験
  • ロックウェル硬さ試験
  • ブリネル硬さ試験

各種試験調査・材料試験に関してお気軽にお問い合わせ下さい

トップへ